溶剤再生とは?

1.溶剤再生とは?


【図1】(蒸留前)

【図2】(蒸留後)

各種製造工場では、生産工程から排出される洗浄液(廃溶剤)は、図1のように溶剤に色々な物質が含まれているため、廃棄物として廃棄処分しています。
しかし、その中には、リサイクル可能な溶剤成分が含まれています。

そこで、溶剤再生装置(溶剤リサイクル装置)を利用して、溶剤を取り出し、再利用できるようにします。

2.溶剤再生装置を導入するメリットは?

例えば、当社設備:真空蒸留連続回収装置(品名CLEAN-ACE802)を導入したメリット表です。
ユーザー様は、月平均13ドラム(180L×13缶)2,340L/月の廃溶剤をリサイクルしています。
装置導入により、溶剤が再生できるので、新規溶剤の購入費用が削減出来た結果です。
このデータ以外にも、溶剤処分費用も削減出来ますので、多大なメリットが出てきます。

溶剤再生装置導入前・後の溶剤購入量

6月に装置を導入後、前年度の溶剤購入量と比較して新規溶剤購入費用減少分を経済メリットとして図式化

真空蒸留装置導入による経済メリット実績表

ISOの取り組みの一環で装置を採用!
PRTRの取り組みの1つとして装置を採用!
社内経費節減活動に貢献!

3.溶剤再生装置 導入事例

  • 印刷会社において、印刷の工程から出るロールや、備品を洗った洗浄溶剤の再生
    インキ・顔料が含まれるシンナーからシンナーを取り出すためにCA100シリーズの装置導入
  • ゴム・ウレタンなどの製造会社において、製品製造工程で反応釜の洗浄で使用した樹脂が含まれる溶剤(MEK・MIBKなど)から溶剤を取り出すためにCA811シリーズの装置導入
  • 製品製造工程で発生する原材料に含まれる溶剤分(トルエン・キシレンなど)を抜き取り、原材料を再利用する為にCA800シリーズの装置導入
  • 医薬品製造工程で発生する備品の洗浄液を再生する為にCA900シリーズの装置導入
  • 鉄道会社の車輌塗装作業現場において、発生する塗料を含んだシンナーから、シンナーを取り出し、備品の洗浄に使用するためにCA100シリーズの装置導入
  • 自動車部品製造会社において、部品製造工程において発生する塗装ロボットの洗浄シンナーを、再生する為にCA100シリーズの装置導入
  • 半導体部品製造会社において、製造工程で発生する第2石油類の洗浄液・トルエンなどを再生する為にCA900シリーズ装置導入
  • 印刷会社において、室内に充満する溶剤臭VOC対策としてCA-700-20の装置を導入
  • 半導体部品・電子部品・硝子製品・ボルトなどの洗浄のためにCA400シリーズの洗浄装置を導入
  • 印刷現場で使用した後のウエスの乾燥にCA-700-70装置を導入

4.装置購入までどのようにすればよいですか?

まずは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 担当営業よりご連絡させて頂きます。
  • 打ち合わせ・サンプルテストの実施
  • 装置型式・仕様の決定
  • 発注(受注製品は製作)
  • 納品前、試運転調整
  • 現地試運転調整(設置場所により、別途ご相談が必要な場合があります)
  • 納品完了~装置稼動

5.溶剤再生装置を設置するにあたり、条件はありますか?

通常は、排気設備が整った、設置場所周辺3m以内に可燃物またはそれに準ずる設備の無いところに設置してください。 そして、【火気厳禁】【危険物】の表示をしてください。
その他、装置に関わる溶剤量・設置する部屋内の溶剤の量・溶剤の種類・建物によって様々ですので、ご不明な点は、直接お問い合わせください。

6.回収できるものと出来ないもの

【回収できるもの】
廃シンナー、トルエン、酢酸エチル、イソプロプルアルコール、エタノール、メタノール、キシレン、酢酸ブチル、塩素系、フロン系、アセトン、MEK、MIBK、灯油、エチレングリコール系、炭化水素系洗浄剤、第二、第三石油類(水性溶剤も出来るものがあります)
【出来ないもの】
強酸性、強アルカリ性、水 etc.

7.再生した溶剤の純度は?

参考分析結果です。→ 分析試験結果報告書

分析結果は、汚染液によってことなります。

8.海外に設置したいのですが

中国(上海・広州など)、インド、インドネシア、フィリピィン、タイ、台湾、などに実績があります。

9.防爆について

最近、ご質問が多いのが、防爆規準を満たしているか?とのお話がありますが、弊社の防爆仕様の製品では、日本の防爆指針に基づき、設計・製作されています。 尚、溶剤再生装置については、通常、装置と設置する場所との相互関係で管轄の消防署との確認によります。

ご参考に、防爆には、

  1. 耐圧防爆構造
  2. 本質安全防爆構造
  3. 内圧防爆構造
  4. 安全増防爆構造

などがあります。

10.メンテナンスについて

小型溶剤再生装置等は、お客様でもパッキンの交換が出来るようになど、メンテナンスが容易に行えるように設計されています。
また、その他の製品についても、当社自社製品ですので、メンテナンスフォローさせて頂きます。
ユーザー様のメンテナンスのお問い合わせについても随時承っております。お気軽にお問い合わせください。

11.カタログ製品の会社の仕様に合わせた設計は可能ですか?

可能です。お客様の会社仕様に合わせた、塗装色・指定部品の選定も行っております。
ご相談があれば、いつでもお問い合わせください。